トマトパン作り

1 9月

トマトも水の代わりにトマトをミキサーにかけてパン作りに使ってみる。
ミキサーにかけたのを200ccで入れてみたけど、出来上がりは膨らみが今ひとつ足りなかった。
水分でない実の体積もあったからかとあとで思いつく。
次はもう少し多めにしないといけないようだ。

パイナップルリリー

30 7月

蕾のときはまさにパイナップル。
しだいに茎が伸びてきて、下の方から花が咲いてきた

ヘブンリーブルー、タイマツソウ、ノウゼンカズラ

22 7月

青に、ピンクにオレンジ。
いろんな色の花が朝を迎えています。
近くでは野鳥が高い声で涼やかに鳴いている。
どこかの草むらに巣でもあるのだろうか。

ボケりんごホットケーキに混ぜ込んで

19 7月

この時期のりんごも今ひとつ。
冷蔵庫の中で日が経つばかり。
クックパッドを見るとボケたりんごを一つはすり潰し、一つは角切りで2個も使えるレシピが載っていた。
さっそく、ホットケーキミックスを使い、アラジントースターで作ってみる。
生では食が進まないものもこうやって見るとなかなかいいものだ。

4月の読書記録 5冊~読書メーターより

6 5月

2016年4月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1962ページ
ナイス数:388ナイス

倒れるときは前のめり倒れるときは前のめり感想
阪神での震災を踏まえた東北震災への支援の有川さんの考え方や行動に納得。被災者に対して遠慮する行為をしがちだけど経済の停滞に繋がるといわれれば肯定するしかない。自身の作品についての裏話とか、地元高知の熱い思いなどに触れることができてよかった。「書店はテーマパーク」「児玉清さんのこと」などを読むと、読書で過ごせる時間を楽しみにてきるって本当に幸せだなと思う。妻と共読できるものも多く、これもいい。後ろ向きに倒れて読むとすぐ眠れるのも本の効用か?
読了日:4月29日 著者:有川浩
スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)感想
作家の作品をとことん読み込めるってすごいなぁ。読み終わったらすぐ忘れてしまう私にはとても無理。こんなところで繋がっていたのかと納得。途中での予想は全く外れていた。作家の作品により読者が元気づけられ、読者の声によって作家も元気づけられる。この小説とは違うが「ワンピース」作者が熊本激励をしたとのニュース。作品により感動をもらえて何より。赤羽環とか、チヨダ・コーキとか一人前になるのに多くの困難を自らそして周りの人の力を得て乗り越えてきている。身近でそっと支えてくれるありがたさ。
読了日:4月25日 著者:辻村深月
スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)感想
冒頭の文章でこの小説はどんな展開になるのかと不安を感じた。3階建てのアパート最上階の赤羽環に選ばれし入居者たちの物語。同じような同居人の共同生活的な日常は楽しみでもありそうだし、他の人の仕事ぶりも気になりそう。そこは環の目に叶う者だから大丈夫なのか。気になることができてしまって作品作りができなくなるのとは全く違う次元で、読み手の自分も他のことに紛れて読書に集中できなくてちょっと残念。上巻の最後2ページで、下巻への興味もいよいよ増してきた。神様って誰?
読了日:4月20日 著者:辻村深月
火星の人 (ハヤカワ文庫SF)火星の人 (ハヤカワ文庫SF)感想
映画「オデッセイ」を観たあと、この翻訳本があることを知り、県立図書館から借りて読む。映画も火星に一人ぼっちにされながら、自分の知識と行動力で過ごしていく姿が前向きな思考とジョークで切り抜けていく姿が印象的だった。原作の翻訳本もより詳しいわけで感動した。この逞しさが凄い。何度も打ちのめされながら生き抜くために何ができるかと考え、ジョークで苦難を楽しんでいるようにさえ見える。自分の力で可能な限り今の生活を楽しむ術を学びたいものだ。
読了日:4月10日 著者:アンディ・ウィアー
異類婚姻譚異類婚姻譚感想
風変わりな話。小説だからいいけど。おしどり夫婦とか、親子でも夫婦でもよく似ていると聞く話はある。蛇ボールには驚いたが、ここまで似てくるとは。犬に似る?なる?ホラーにも近いのかな?最後の「藁の夫」最後、燃やされないかとヒャッとした。文句を言う言葉が楽器のように出ていってしまい、出し切ってしまうと文句も言えなくなると面白いかも。優しい言葉だけを奏でる楽器だけ残して、怒りの楽器だけを出せればいいのに。でもどの楽器も優しい音色や力強い迫力ある音を両方とも出すから、難しいね。
読了日:4月4日 著者:本谷有希子

読書メーター

新庄宿・脇本陣前のがいせん桜満開

9 4月

新庄宿・脇本陣前のがいせん桜はもう満開の状態です。
来週を桜まつりとしているのですが、桜は待ってくれないようです。
開花宣言からあっという間に満開になってしまいました。
13日頃は雨の予報もあり、花見にはこの土日が最高かもしれません。

庭の桜もよく咲いた

7 4月

庭の桜もあっという間にどんどん開いてくる。
雨の中でもさくら色がくっきりと綺麗だ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。